SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

スタイリング剤というモノではなく「スタイリングする」というコトを通してライフスタイルにワクワクをプラスする♪

 

WELLA meets  HAIR CATALOG.JP
コラボレーションイベント

「Design Inspiring Party」2017 in JAPAN

 

*What's「Design Inspiring Party」?・・・・WELLAとHAIR CATALOG.JPのコラボレーションイベント「Design Inspiring Party」。「Design Inspiring Party」はHAIR CATALOG.JPに所属する著名スタイリストによる、トークあり、ステージあり、食事&交流会ありの新感覚イベントです。

 

待ちに待った「Design Inspiring Party」の第1弾が名古屋で開催されました! 注目が集まる「Design Inspiring Party」の1回目に登壇したのは、内田聡一郎さん(vetica)と高田昌宏さん(HEARTS)。

DJとしての顔を持ちながら業界誌などでも活躍する内田さんと、ギターを趣味としHEARTS店長として原宿のヘアシーンを牽引する高田さん。好む音楽のジャンルやテイストは異なっても、2人とも音楽を愛し、ヘアデザインと音楽には相関関係があると言います。そんな2人が奏でた「Design Inspiring Party」をレポートします。

 

会場はフードあり、ドリンクありのパーティ形式。セルフデザインワックス「EIMI」オリジナルのインスタグラムフレームも用意され、来場者は思い思いに記念撮影!

 

開場からしばらくすると、続々とフロアに人が集まり、その数、なんと120人に! 中京地区の美容師さんをメインに、美容関係者たちも集い、和気あいあいと食事&会話を楽しみました。

 

 

スタイリングセッションSTART! 食べたり飲んだりしながら、会場が一体になったところで、内田さんと高田さんのスタイリングバトルがスタート。最初は、それぞれが用意したモデルさんをスタイリングします。

 

 

それまでヘアデザイン談議に花を咲かせていた来場者たちもスタイリングバトルが始まると息を飲むように、そのバトルに見入っています。

 

 

内田「今回は、可愛い中でもカタメのイメージにしたかったから、『EIMI』のセルフデザインワックスの3を使ってスタイリングしました」

 

高田「僕が使ったのは2。2って、のびがいいから毛先に表情をつけるのにぴったり」

 

 それぞれがヘアスタイルを解説したあと、次は、モデルをチェンジしてスタイリング。

内田「ふだん他人がカットした人を自分がスタイリングすることはありません。他人が切ったものをスタイリングするのは苦手ですね。でも激変させちゃおうかと思います(笑)」

高田「内田さんのつくったスタイルは可愛い。でも僕なりの解釈で違う彼女の可愛さを引き出せたらと思います!」

 

 

内田「モデルチェンジをして僕が使ったのは4+」

高田「僕も使ったのは4+。4+って、1、2、3、4とはまったく別の質感のスタイリング剤だから、今回は、使わないと思っていたのだけれど」

内田「僕も当初は使う予定ではなかったですね(笑)」

高田「内田さんのモデルさんを実際に見たり、会場の雰囲気だったり、流れている音楽に身をゆだねていたら、なんだかロックな気分が欲しくなって、気づいたら4+で毛先をツンツンさせたくなったんだよね。でもスタイリングし終えたら、4でマットにしてもよかったかな、と思いもあって」

内田「僕も、最初は4でスタイリングをしてマットな質感でフォルムを変えようかと思っていたのですが、実際に高田さんのモデルさんの髪を触っていたら、4+でウエッティな感じにしたくなったんですよね」

高田「そういう意味で、スタイリングって気分を表現するのにすごく重要」

内田「スタイリストの気分やモデルさんの気分だけでなく、その場の気分というのもあるし」

2人の解説を聞きながら、来場者は激変した2人のモデルのヘアスタイルを激写!

 

 

パーティ形式で行われた今回のイベント。最後はトークセッションです。

 

高田「ヘアデザインに影響を与えるものとして、僕は音楽が欠かせないんだけど、内田さんはどう?」

内田「音楽はもちろん好きです。でも好きな曲やそのアーティストから何かを感じるというよりは、その好きな音楽を取り巻く世界観を作品に取り入れる感じですね。高田さんは、音楽とつくるヘアスタイルがもっと濃密につながっている感じがします」

高田「どんなヘアスタイルをつくりたいか?って、その時々で自分の気分もあればお客さまの気分もあるし、時代の気分もある。でもつくりたいものをつくりたいから、あれこれスタイリング剤を知っておくことも重要だよね。使うか使わないかは自分次第でいいけれど、こういう質感にしたいと思ったときにそれを実現させてくれるスタイリング剤を知らないと結局、仕上がりの納得度が変わってくる」

内田「『EIMI』のセルフデザインワックスは、番号によって違いますよね。1は、なじむ。少しツヤが欲しいときとかにも便利かも。自分の髪に使うならこれ(笑)。2は、1に比べてグッと粘性が強くなる。毛先の表情をつけるのにいいですよね。3はツヤ感を出しつつ毛束感が出せる。4は、カチッと立ち上がりをつけたいときとかかな。余計なツヤがないから、メンズライクなスタイルとか、アクティブなスタイルにいい。4+は、1から4とはまったくの別もの。リーゼントチックにするとき力を発揮しそう」

高田「1はボブの面をキレイにするときにもいいし、さらりとしたテクスチャーだから、ウエットの状態でつけてもいいよね。2は、パーマスタイルでつけて、自然乾燥するのもいいかも。3は、セット力が高めだから、ボブよりは長い髪の人向けだと僕は思う。動きを出したいときにいいよね。4は、髪によくフィットする粘性だから、ショートスタイルにいいかも。ウエットの状態でつけてもいいね。4+はウエットスタイルにぴったり。スタイリング剤でイメチェンしたいときは活躍すると思う。個人的には、今日の自分のヘアスタイルは4だけど(笑)、2が幅広く使えていいかもと思ってる」

内田「音楽もスタイリングも気分があるし、そこから何を感じてどう表現するかって本当にいろいろ。でも今日はこうやって”お勉強”という形ではなくて、ラフなパーティという空気感の中でセッションできて面白かったですね。不安もいっぱいだったけど(笑)」

高田「和気あいあいといろんな美容師さんと会ったり、スタイリング談議をしたり、今日は楽しい時間でした♪」

 

 

WELLA meets  HAIR CATALOG.JP  コラボレーションイベント「Design Inspiring Party」は、今後も仙台、広島、札幌、福岡と毎回、その内容を変えながら、全国で行われます。

次回の「Design Inspiring Party」は仙台で。大阪で活躍するNicole.の西村晃一さんとSUMIの西坂多恵さんをゲストに迎え、師弟の絆をテーマにセッションが行われる予定です。

Design Inspiring Partyについての問い合わせ先はこちら

contact@haircatalog.jp
HAIRCATALOG.JP編集部

katsuhiro_shimazaki@cotyinc.com
ウエラプロフェッショナル 嶋崎

 

EIMIセルフデザインワックス 
80g 希望小売価格 ¥1,800(税抜)

https://www.wella.com/professional/jp-JP/products/EIMI-styling/dispatch/styling-dispatch

ウエラ プロフェッショナル
技術や商品の使用方法についてのお問い合わせ
ウエラ プロフェッショナル・テクニカルテレフォンサービス
0120-733810 受付時間: 10:00-12:00 / 13:00-17:00 (土日・祝日はお休み)

SPECIAL CONTENTS

Page top