SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

BEAUTY AWAKE

Rougy オーナー 上原健一/KENICHI UEHARA

STYLIST’S VIEW


美容師の仕事ってなんだろう? 
僕ができることはなんだろう? 
美容師になりたかったわけではないのに、それでも20年以上美容師を続けていて、そんな中で、僕はいつも自分しかできないことを探しています。そして今は、クオリティをどんどん上げていくことが美容師としての僕のやるべきことだと感じています。
頂点を高くできるかどうかは
自分と闘い続けられるかどうか
 自分がつくるヘアデザインのクオリティを上げる。それは、美容師がつくるヘアデザインのクオリティを上げることにつながって、美容業界の発展につながると僕は考えています。多くの美容業界誌で取り上げられ、コンテストでも度々入賞し、全国各地にセミナー講師として招かれる。そして大勢のお客さまが何年も僕のところに通い続けてきてくれている。そんな立場にいるから、僕はこの世界を牽引していく役割があると自負しているのでしょう。そして誰に気づかれなくても、クオリティを上げ続けることに必死で取り組んでしまうのは、僕が美容師の素晴らしさを本当に知っているからかもしれません。
 まわりから見られている「上原健一」に、僕はときどき違和感を感じます。「上原さんぐらいになれば簡単にやっているのだろう」とか「器用だから迷いなくデザインしているのだろう」とか、そういった見られ方とは反対のところにいる、と自分では感じています。僕は怖がりで不器用で、この仕事をしていて不安が消えたことは一度もありません。でも、僕だけが行ける世界があるという確信はある。後輩たちにも「誰かに譲るのではなく、オマエが前に出ろ。ただそれだけでいいんだよ。ただ一歩」と伝え続けてきています。それは他の誰でもない自分に、いつも言い聞かせている言葉です。僕が怖がらずに一歩踏み出せば、美容の世界は広がる。大げさかもしれないけれど、それぐらいの気概を僕は持っています。

 今回のモデルさんは、短くしたくないし、パーマもカラーもやりたくないとはっきりリクエストしてきました。でも、これまでのヘアスタイルに満足していないのが表情で伝わってきます。言葉でのリクエストは強くはっきりしていたけれど、心はとてもデリケートな感じがしたのです。だから、長さを大きくチェンジするのではなく、パーマやカラーの力に頼って変えるのではなく、カットが生み出すデザインの力だけでイメージを変えることにしました。顔を圧迫しているようにかかっている髪を解放するようなスタイルに。元気にしたい。ハッピーにしたい。思いはそれだけです。「どこをどんなふうにカットするか?」は、もちろん大切だけれど、僕はいつも、その人が「いかにおしゃれでモードでハッピーになれるか?」を大切にしています。

HAIR STYLE

  • VIEW
    ALL
  • Photo 01
  • Photo 02
  • Photo 03
  • Photo 04
  • Photo 05
髪型 ヘアカタログ 髪型 ヘアスタイル HAIR CATALOG.JP BEAUTY AWAKE BEAUTY AWAKE ヘアスタイル
髪型 ヘアカタログ
髪型 ヘアスタイル
HAIR CATALOG.JP
BEAUTY AWAKE
BEAUTY AWAKE ヘアスタイル

AFTER THE BEAUTY AWAKE

 目の前のお客さまに対して最高のパフォーマンスをする。それをいつも続ける。そうやって、ずっとずっと自分と闘えているのは、美容が持つ力に僕が惚れてしまっているからなのでしょうね。気づいたら自分が惚れることのできる世界に生きていた。だからこの世界で、誰も越えられない壁になるために、今日も僕は、最高のパフォーマンスをしています。

上原健一   Rougyオーナースタイリスト
詳しいプロフィールはこちら

Page top