SPECIAL CONTENTSスペシャルコンテンツ

BEAUTY AWAKE

snob 金谷二郎/JIRO KANAYA

STYLIST’S VIEW

 15歳のときに美容の世界に飛び込んだ僕は、気づけば四半世紀もこの仕事をしています。教師に勧められるがまま美容室に就職し、勉強しながら働きながら資格を取得して、「やりたいことがなかった」はずだったのに、いつしか「これしかやりたくない」と思うようになっていました。
「人は変われる」。
 少しずつかもしれないけれど、僕は、実体験から「人が変わる」ことの面白さと、そのよさを知っています。
「一緒に」作るから
「一緒に」笑顔になれる
 特別なやり方があって、それをやれば、瞬時に成功するなんてことは、きっとないでしょう。でも「いい!」と思ったことを繰り返し、繰り返しやっていくうちに、それは、自分のベースの力になっていて、その基礎の力がついてくると、あるとき、ふっと視界がひらけて、次へのステップが見えてくる。そして、その一段を上がる力もついている。一段上がるたびに成長していく。僕は、そんな風に思っています。

 目の前のお客さまをよりよく変えるときも、サロンというチームをよりよくしていくときにも、僕は、同じだと思っています。

 いい美容室は、一日ではできない。スタッフがすぐに育つなんてことはない。でも、なにが「いい美容室」なのか。どのような美容師が「いい美容師」なのか。絶えず、問い続けて、一緒に考えて、「一緒に」取り組んでいく。その結果が、どこにも負けることのない力を持つ「いい美容室」「いい美容師」になる。そんな風に考えています。
 お客さまのヘアスタイルを作るときも、基本の考え方は同じです。
だから、僕は、お客さまと「一緒に」髪型を作っていきます。どんな風になりたいのか、どんな風にはなりたくないのか。言葉を交わしながら、表情を見ながら、お互いが納得しながら、進めていきます。
 今でこそ、この考え方で髪型を作っていますが、以前の僕は、自分が作りたいヘアスタイルを一方的に提案していました。そして、それを気に入った人だけが来てくれればいいとさえ思っていました。それは、それで成立するし、それは、それで楽しさもありました。でも、美容の世界に入って20年を過ぎたあたりから、その先にある、もっと豊かな楽しさや面白さを知ってしまったのです。
 それが「一緒に」でした。
 自分という美容師を生かすために、自分のデザインや技術を提供していたときよりも、目の前のお客さまを生かすために、自分のデザインや技術で何ができるか?を追求し、「一緒に」お客さまとヘアスタイルを作っていく。そうすると、結果的に、自分という美容師が多面的に生かされていることに気づいたのです。
 お客さまを生かすヘアスタイルは、お客さまにフィットしていないと成り立ちません。お客さまにフィットしている髪型は、お客さまも居心地がよく、見た目だけでなく心の満足度も高い。満足度が高いと、自然とお客さまは笑顔になり、その後も、なんどもなんども僕のところに足を運んでくれるようになる。お客さまの笑顔を見ることで、僕も笑顔になれる。
「一緒に」髪型を作ることで「一緒に」しか作れないものが生まれる。
 今回のモデルさんは、集中治療室で働く看護師さんです。一見、物静かに見えながら、話しだすと明るい性格だということがすぐにわかる女性。僕は、彼女に見え隠れする、その華やかさと、芯の強さを、もっと魅力的に見せたいと思い、上質なショートボブにしました。カラーダメージがあってパサつきが気になる髪も、傷んだ部分をきちんとカットすることで品のあるツヤが出せる、と思ったのです。緊張感あふれる職場で働くときも邪魔にならず、オフの日は頑張らなくてもキレイに見えるデザインです。

HAIR STYLE

  • VIEW
    ALL
  • Photo 01
  • Photo 02
  • Photo 03
  • Photo 04
  • Photo 05
髪型 ヘアカタログ 髪型 ヘアスタイル HAIR CATALOG.JP BEAUTY AWAKE BEAUTY AWAKE ヘアスタイル
髪型 ヘアカタログ
髪型 ヘアスタイル
HAIR CATALOG.JP
BEAUTY AWAKE
BEAUTY AWAKE ヘアスタイル

AFTER THE BEAUTY AWAKE

 「気に入っている」は主観だけれど、「似合っている」は客観的な反応がなければなりません。僕は、その主観も客観も「似合っている」にしたいと思って、いつもサロンで髪型を作っています。お客さまにはもちろん、お客さまのその先にいる、お客さまにとっての大切な人にも「一緒に」その新しい髪型を喜んでもらいたいから。

 「一緒に」がつながっていくこと。笑顔をつなげていくこと。美容師の仕事の面白さのひとつは、きっとそこにあるのかな、と思っています。

金谷 二郎

snob 統括店長 / Art Director

予約/詳しいプロフィールはこちら

Page top